50歳の転職活動の流れ

 50歳からの転職には困難が多く、また体力も落ちてきているので、途中で投げ出したくなってしまうことがあるかもしれません。

 しかしそれでも成功している人がいることは確かですので、その例にならってスマートに動きましょう。

在籍中に転職活動を始めよう

 対とスケジュールになることが予想されますが、必ずまだどこかの会社に在籍している状態で転職活動を始めるようにしてください。

 完全に無職の状態で始めてしまうと、失敗したときに取り返しがつかない状態になってしまいます。


【参考記事】
50歳の転職希望者と転職活動の流れ
50歳の転職希望者と転職活動期間
50歳の転職希望者ならいつ?どうやって?仕事を探す?
在職中の転職活動に見られるメリットとは
体調管理していない人は社会人を名乗れません
休職状態での転職は危険なのか
バレたら全てが水の泡?転職活動を知られないための行動とは

ライバル会社が狙い目!?

 転職をする前より給与や待遇が悪化するかもしれませんが、ある程度の妥協は仕方ありません。

 また、今働いている企業のライバル会社に求人の問い合わせをすると、比較的早く返事をもらえ、内定率が高いと言われています。


【参考記事】
50歳の転職希望者と求人情報媒体
50歳の転職希望者とハローワーク
50歳の転職希望者なら最初に転職エージェントに登録をしよう

応募書類はプロに添削してもらう

 履歴書と職務経歴書の両方を用意します。50歳以降の人は特に、必要書類をプロに添削してもらい完璧な状態で提出するようにしましょう。

 また手書きの場合は一字一字を丁寧に美しく書くことにより、誠実な人柄を伝えましょう。


【参考記事】
50歳の転職希望者と履歴書の見られるポイントとは?
50歳の転職希望者と職務経歴書
50歳の転職希望者と応募書類のありがちな悩みとは?!

面接の練習や対策

 年齢や体力を含む体調管理について過酷な質問が飛ぶことが予想されます。これらにも隙のない答えを返さなければなりません。

 ハローワークや転職サイトが開催しているシニア向けの面接セミナーに参加しスキルを磨きましょう。


【参考記事】
50歳の転職希望者が面接で求められるマナーとは・・・?!
50歳の転職希望者に必要な面接対策とは・・・?!
50歳の転職希望者がやってしまいがちな面接の失敗例
転職時、給与交渉はいつすべきか?はたまた、上手な交渉術はどんなものなのか?

退職と入社は契約書をよく確認する事

 中高年だからこそ美しい引き際が期待されています。現在働いている企業の就業規則を確認し、繁忙期でない時期に退職ができるように予定を組みましょう。

 また新しい勤務先の契約内容も、入社する前に把握しておきましょう。


【参考記事】
50歳の転職希望者に必要な退職手続きとは・・・?!
50歳の転職と入社手続き
50歳の転職と途中入社の注意点とは・・・?!
会社が抱く自分が抜けた後の穴を感じさせないこと

ページ上部へ戻る