50歳の転職希望者に必要な面接対策とは・・・?!

転職エージェントなら模擬面接が受けられる!

面接の段階になると必ず落とされる人がいますが、自分の面接中の態度の悪い部分は一人ではなかなか分らないものです。転職エージェントに登録すれば模擬面接が受けられます。過去に数万人もの転職を支援してきた担当キャリアコンサルタントがプロの目であなたのいたらない部分を指摘してくれます。模擬面接で指摘された点は必ず改善するように努力しましょう。

面接で必ず聞かれる質問とは?!

面接の目的は応募書類の確認なのですが、必ず採用担当に聞かれるのは、①なぜ同業他社ではなくこの会社に入りたいと思ったのか?、②なぜこの職種に就きたいと思ったのか?という2点ですので、自社サイトをよく読んで、この2点だけはどういう回答をするか?!あらかじめ用意をしていきましょう。

しばしば「転職エージェントにこの会社を受けろと言われたから受けにきました」と回答する転職希望者がいますが、こういう答え方はやめましょう。転職エージェントの言われるままに何も考えないで面接を受けに来た人が入社してから活躍できるとは感じられません。たとえこの会社を受けようと思った直接のきっかけが転職エージェントのオススメであったからとしても、面接までに必死でその会社について情報を集めて、自分なりの志望動機をきちんと整理してから面接に臨むのがマナーと言えます。

「自分のことばかり話す」のは不可

50代の転職希望者には、相手が自分の話を聞いてくれると分かると、面接をしている採用担当の話をさえぎってまで自分の話ばかりを続ける人がいます。こういう人はもちろん内定する可能性は低いです。面接の際は、基本的に採用担当に質問された点だけを1分以内で回答をするように工夫します。仮に自己紹介を求められたような時でも、自分の話は2分から3分に切りあげるようにしましょう。採用担当と会話するときは相手の顔から眼を離さないようにしましょう。アイコンタクトができない転職希望者は敬遠されます。

毎日、経済ニュースを読もう

採用担当は面接中に時事系の質問をしてくることがよくあります。「今朝○○というニュースが出ていたけどあれについてどう思う?」といった質問ですがひごろから経済の動きに関心がないとうまく答えられません。

 50歳になれば経済の話ができないのはちょっと恥ずかしいので、経済面の話だけはついていけるようになりましょう。



【関連記事】
50歳の転職希望者が面接で求められるマナーとは・・・?!
50歳の転職希望者がやってしまいがちな面接の失敗例
転職時、給与交渉はいつすべきか?はたまた、上手な交渉術はどんなものなのか?

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る