50歳の転職希望者ならいつ?どうやって?仕事を探す?

50歳の転職希望者の「転職市場価値」とは?

 自分の転職市場価値を熟知しておくと転職活動がスムーズに進みます。

 転職市場価値とは、今のあなたが転職をしたとして、転職先企業でどのくらいの年収になるかという数字です。また、数字以外にも、転職市場や転職を目指している業界等で、どれだけニーズがあるのかという部分も市場価値として考えることができるでしょう。

 一般に転職市場価値とは、年齢、学歴、職歴、スキル、キャリア、ヒューマンスキルなどを総合的に勘案して決められます。50歳という年齢を考えると決して転職市場価値は高くないのかもしれませんが、職歴等によってもそれは変わってくるため、的確に自分の価値を把握しておかなければいけません。

今の年収を下げないで転職するには?

 いったん今の会社を辞めてから転職をしようとする人もいますが、その活動の仕方だと年収は確実にダウンするでしょう。50歳の転職希望者の場合、離職者が再就職しようとすると前職の年収の3割ダウンは必至であると言われます。失業期間が存在してしまうからです。

 実務に携わっていない期間が長ければ長いほど市場価値は落ちてしまうもの。一瞬で転職先が決まらないであろうことを考えれば、離職後の再就職ではどうしても年収が落ち込んでしまうのです。

 同じ50歳でも在職中のまま転職活動をして内定した人の場合は2割ダウンで済むと言われていますので、戦略として何とか在職中のうちに次の職場に内定をしておきましょう。上手く自分のキャリアを活かすことができれば市場価値を下げずに済むので、年収も全く下げずに転職することも可能です。

転職エージェントなら在職中でも本格的な活動が可

 自らの転職市場価値を下げないためには、在職中に転職活動を進めるのがポイント。しかし、それだと転職活動のための時間が作れないという人も多いでしょう。そんな時に有効活用したいのが転職エージェントです。多忙であっても、転職エージェントに登録をすれば、在職中から本格的な転職活動をすることが十分可能です。

 というのは、転職エージェントなら、無駄を省いて最小限の手間と努力で求職者を内定させる独自のノウハウが整っているからです。それをキャリアコンサルタントに伝授してもらいながら、必要であればサポートやアドバイスを受けながら活動していくことで、時間があまりなくてもスムーズな転職活動を進めていくことができるでしょう。

 また、キャリアコンサルタントはあなたの転職市場価値を教えてくれる存在でもあります。自分はどのくらいの価値があるのか、もらうべき年収は幾らくらいなのか、他の業界にニーズはあるのかなどを尋ね、それも転職活動に活かすようにしてください。



【関連記事】
50歳の転職希望者と転職活動の流れ
50歳の転職希望者と転職活動期間
在職中の転職活動に見られるメリットとは
体調管理していない人は社会人を名乗れません
休職状態での転職は危険なのか
バレたら全てが水の泡?転職活動を知られないための行動とは

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る