50歳の転職希望者と転職活動期間

転職に必要な期間とは?!

 転職の計画を作成するにあたっては、最初に”どのくらいの期間で転職先を見つけるか?!”という目標を立てておく必要があります。

 一般的に健康的な男女であれば(年齢÷7)カ月は転職活動に必要だといわれますが、個人差が激しいです。

 50歳時点であれば、この計算に当てはめるならば7~8か月は必要ということです。この間は無職になってしまうので、経済的に困窮し、入りたくもない企業へ転職しなくてもいいよう、最低でも1年分くらいの生活費を貯金しておきましょう。
 もしくは、仕事を続けながら転職活動をしてもいいのかもしれません。そうすれば経済的な問題は生じないと思います。

 ただ、実績がしっかりとあり、それをアピールすることができれば、50歳の人でも3か月前後で転職できるのではないでしょうか。
 まずはこの期間を目安に計画を立ててもいいのかもしれません。

いつまでたっても内定しない人の共通点とは?!

 同じ50歳の転職希望者でも、すぐに内定する人とそうでない人がいます。

 すぐに内定する人は自己分析がしっかりしていて、自分が転職先に求める条件をよく整理できているうえに、自分で立てた計画を実行する意志力のある人です。
 ノルマを設定してそれを頑張ってこなす人から内定していくようです。

 逆に、いつまでたっても内定をもらえない人は、自分の市場価値を分かっておらず、企業研究も疎かにしている傾向があり、これによって自分を上手く売り込むことができないという特徴を持っています。

 準備もせずに求人をチェックして気になったらとりあえず応募して、という活動の仕方では、きっと転職活動期間は長くなる一方でしょう。
 転職に向けた準備をしっかりとすること。そうすれば、応募までは多少時間がかかるかもしれませんが、その先はきっととんとん拍子で事が進んでいくはずです。

転職エージェントなら早期に内定する理由

 転職エージェントから求人を紹介してもらうと早く転職先が内定すると言われていますが、それは、転職活動の無駄が大幅に省けるからです。
 自分で求人を漁らなくてもエージェントがそれを見つけてきてくれますし、幾つか良い求人があった時の取捨選択も、エージェントが手伝ってくれます。自力で活動していればどうしても避けることができない作業を手伝ってくれるのが転職エージェントの素晴らしいところであり、利用するメリットなのです。

 そもそも転職エージェントの担当キャリアコンサルタントは求職者の適性や志望条件に合致した求人企業しか紹介しませんから、50歳の転職希望者もカラ求人に踊らされないで、自分に合った会社を絞ることが簡単にできてしまいます。

 転職エージェントからの紹介に加え、自分でも求人サイトなどを利用して求人を見つけていけば、2か月から3か月以内に転職できてしまうかもしれません。



【関連記事】
50歳の転職希望者と転職活動の流れ
50歳の転職希望者ならいつ?どうやって?仕事を探す?
在職中の転職活動に見られるメリットとは
体調管理していない人は社会人を名乗れません
休職状態での転職は危険なのか
バレたら全てが水の泡?転職活動を知られないための行動とは

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る