50歳の転職希望者と応募書類のありがちな悩みとは?!

派遣社員だった時期があります

 最近では社会人デビューしてから非正規労働の経験しかない男女が激増中だそうです。ですから派遣の時期があったとしても問題はありませんが、その派遣での経験が応募職種と重なるようであればしっかり仕事内容を記載しておきます。

 アルバイトやパート、また資格だけであっても、入社してから役立ちそうな内容なら記載しましょう。逆に、応募職種とは全く関係のない仕事をしていたのであれば、それは応募書類には記載しないようにしてください。何でも書けばいいというわけではありません。「応募職種には全く精通していない」ということがむしろ強調されてしまうので、過去の経歴を書く時には注意したいものです。

介護離職していた時期があります

 50歳の転職希望者には、老親のために介護離職していた時期が数年ある人は少なくありません。採用担当が知りたいのは入社してからのことですので「老親は老人ホームに入りましたので、入社すれば仕事に集中できます」という1文を履歴書の特記欄に記載して、面接でもきちんとその点を伝えるようにします。

 そうすればブランクはあまり気にならないでしょう。「これからは問題なく働くことができる」、これが応募書類によって伝われば、書類選考を突破するのはさほど難しくないはずです。

転職エージェントなら応募書類の添削が受けられる!!

 応募書類がしっかりと書けていないと面接に呼んでもらえませんし、そもそも50歳前後になるとライバルの数がすごく多いので応募書類で何かミスがあると、それが致命傷となり、やはり書類選考を突破することが難しくなってしまいます。

 転職エージェントなら応募書類の添削も随時行っていますから、エージェントのキャリアコンサルタントに力を貸してもらうのも、応募書類に関する悩みを解決するための有効な手段となるでしょう。自信をもって応募先企業に応募書類を送付することができるようになるはずです。

志望動機や自己PRに関する悩み

 応募書類といえば欠かせないのが志望動機と自己PR。ここに何を記載するのかを最後まで悩む人も多くいるはず。この欄をどううまく埋めるかによって、人事担当者に与える印象も変わってきます。

 第一に、企業を知ること。企業を知らずに志望動機は書けません。応募する会社の規模、業績、事業内容、理念、社員構成などをしっかりと調べ、また、社会からどのような評価を受けているのかも調べると、志望動機に繋げられるポイントが見つかるはず。

 次に、自己分析を徹底すること。志望動機も自己PRも、自分のことを知っているからこそ書けるもの。自分の経歴、実績、得意なこと、興味を持っているもの、将来計画などを整理し、それによってその会社に応募した理由やアピールできることを応募書類に書いていきましょう。



【関連記事】
50歳の転職希望者と履歴書の見られるポイントとは?
50歳の転職希望者と職務経歴書

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る