50歳の転職希望者がやってしまいがちな面接の失敗例

応募企業の勉強不足

 転職の面接とは、いうなれば男女のお見合いの場です。
 どうしても相手と結婚(入社)したいと思えば自然に相手のことは誰よりも詳しくなってしまうもの。他にライバルが何人かいても、会社に一番詳しい人が採用担当の目には一番有能そうな人材に見えるという事情もありますから、応募企業についての情報収集には特に精を出しておきましょう。

 しかし、応募企業が増えるにつれて、この企業に関する情報収集が疎かになってしまう傾向があります。若ければ終始一生懸命にこの作業をするのでしょうが、50歳になると、どうしてもその意欲が落ちがち。
 そのまま面接に臨めば、「この人は会社のことが全くわかっていない」と思われてしまうはずです。これは面接の失敗を、つまり転職の失敗をも意味するので注意しなければなりません。

 転職エージェントを利用して転職活動を行えば、紹介先企業の資料を事前に渡してくれるので企業に関する情報収集がしやすくなるでしょう。面接の失敗も防ぐことができるはずです。

元気がなくて暗い

 面接室に入るときは表彰台に昇るように自信に満ちて晴れがましい態度が重要です。おどおどしていて自信がなさそうな人はあまり仕事ができる人材には見えません。年齢による引け目から、このような元気が無く暗い態度になってしまう50歳の転職希望者も多いようです。面接対策の一環として、堂々と振る舞ったり元気良く対応したり笑顔を自然に作れるような練習もしておくようにしてください。

 自分がどのような雰囲気で話しているのか、これを客観的にチェックをしておくことで、面接の失敗を防ぐことができるはずです。採用担当に質問をされたら、自信を持って簡潔に、「結論から話す」ことを心がけましょう。基本的に質問された点だけ答えればよいでしょう。
 

採用担当の話をさえぎる

 50歳の転職希望者がやってしまいがちな失敗に、自分のことばかり話すというNGがあります。相手の話もよく聞かないで、自分のことばかりだらだら話す人物が採用されるのは難しいでしょう。グダグダと余計なことまで話してしまうのも50歳にありがちな面接の失敗例の一つ。そうならないよう、自分の気持ちやアピールすることを事前にまとめておいてください。

 コミュニケーション能力がない、マネジメント能力がないと判断されてしまっては損。それよりも採用担当の目をよく見て、簡潔に、質問されたことだけを答える人のほうが採用されやすくなります。

 必死にアピールしたい気持ちが出てしまうのはわかりますが、面接ではその気持ちを抑え、決して採用担当の話を遮ることなく、必要な情報だけを提供することを心がけるようにしてください。



【関連記事】
50歳の転職希望者が面接で求められるマナーとは・・・?!
50歳の転職希望者に必要な面接対策とは・・・?!
転職時、給与交渉はいつすべきか?はたまた、上手な交渉術はどんなものなのか?

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る