50代でも転職できる!転職時に考えておくべきたった3つのこと

50代でも転職できる転職時に考えておくべきたった3つのこと

働いていれば何歳になっても悩みはあるもの。40代でも50代になっても仕事の悩みはつきません。50歳からの転職は難しいと言われていますが、転職せざるを得ない事情も出てきたりします。ただ転職前に自分の考えをはっきりさせておくとよいと思います。
 

この先どういう仕事をしたいのか。

今の仕事は継続できないのか。

50歳を過ぎて転職をお考えのあなたには相当の理由があるのでしょう。今の仕事が恐ろしくうまくいっていなくてうつ状態になっているのかもしれませんし、急なリストラにあったのかもしれません。それでももう一度お尋ねします。今のお仕事を続けられませんでしょうか。50歳からの転職はよほどの腕を持った人でない限り待遇が下がるのは目に見えています。いろんな人に言われたと思いますが、我慢できるレベルであればがんばって今の仕事を続けられることをお勧めします。

しかし、頭と体を壊すくらいであればもちろん転職をお勧めします。仕事は少なくとも人生の三分の一の時間を占めるものです。いくら食うためだけの仕事と割り切ったとしても、人生の三分の一が嫌な事なら生きていくことも嫌になってしまいます。私は極端な話、追いつめられているのならそこから逃げるための転職もありだと思っています。
「居れば監獄、出て行きゃ地獄」
転職ってそういうこともありますが、とりあえず監獄から逃げ出すこともありだと思います。
 

やりたい仕事はありますか?希望の働き方はありますか?

今の業界や仕事が好きな方は問題ないですよね。同業他社を探せば何かしらの仕事はあるでしょう。もっとも50歳から転職するのには業界を替えたり職種を変えての転職はかなりハードルの高いものになります。

ただ、闇雲に転職先を探す前に、自分がどういう仕事をしたいのかをもう一度考えてみてはいかがでしょうか。
普通に働けば65歳で退職。長い人で15年、短い人だと6年。どちらにしてもまた退職後に仕事を見つけなければなりません。それはその時に考えればいい、とおっしゃるのもごもっともですが、もう一歩踏み込んで考えてみませんか。

例えばどこかの会社に勤めるよりは、こぢんまりやっている知人の仕事を手伝ってみるとか、事務職ではないけれど定年後まで働ける職場に今から就いてみるとかを考えて見てはいかがでしょう。商才のある人であれば起業を考えてみるとか、何か技能を持っている人ならランサーズやクラウドワークスのようなクラウドソーシングの仕事をフリーでしてみるとか。
企業戦士として活躍したい方も多いと思いますが、50代はもう折り返し時点を超えています。どんな仕事がしたいか、どんな働き方をしたいかなど、今後のライフプランを自分で明らかにすることによって転職先も変わってくると思いますし、転職の幅も広がることでしょう。
 

お決まり通りの転職活動ではハードルを越えられない。

50歳からの転職のハードルは高いです。あなたが経営者だったら年収400万円で爽やかでよく働きそうな30代と、自分より年上かもしれない50代のどちらを雇いたいでしょうか。
それでも「この人を雇いたい」と思わせなければ転職は成功しません。自分に合った転職先を探す二つの作戦をご紹介します。
 

相手の希望を理解して転職先を探す。

転職と言うのはある意味で恋愛みたいなものです。好きな人に必ずしも好かれるわけではないし、好きになったとしても付き合ってみなければ分からないこともあります。そして付き合っても結局合わないこともあります。上手くお付き合いするところまでたどり着くには相手が何を望んでいるかを理解し、それが自分にできることなのかどうかを判断する必要があります。

例えば「営業アシスタント募集」という案件があったとします。営業をやっていたのでアシスタントも出来るはずだと考え、応募してどれだけ営業としての経験値があるかを力説したとしても、相手は営業を探しているのではありません。営業を補佐する、むしろ秘書的な役割を期待している場合が多かったりします。転職案件の裏の意味まで読み取れると無駄打ちがなく、ハードルも越えやすくなるでしょう。
 

企業のHPから直接探す。

転職サイトをぼやーっと眺めていても希望通りの案件がそうそう転がってくるわけではありません。また、転職エージェントからの連絡を待っていても時間はどんどん過ぎ去るだけです。なので、希望する企業のホームページなどを自分で検索し、案件を探しに行きましょう。
これは以前転職エージェントに勧められた方法なのですが、私はそのエージェントとの面談でこの担当者は信用できないと思ったのでその方法を採用しませんでした。
しかし、とある会社で働いていた時、同僚の子がその作戦を実行しており、JASDAQ上場企業に40半ばで転職したのです。
コツとしてはその企業がホームページの「リクルート」欄に中途採用を載せていなくても、入社したいという熱意を持ってお手紙を書いて、中途採用がないかダメもとでも尋ねる、というところです。普通中途採用情報が載っていなければそこであきらめてしまうのですが、どうしても入社したいという熱意があれば人事担当者も検討するとのことでした。

雲をつかむような話とお考えかもしれませんが、実際にこの作戦で成功した人もいます。藁をも掴む気持ちになって、作戦にチャレンジしてみてはいかがでしょう。ミッションとしてはインポッシブルではないと思います。
 

判断するのは自分自身

給料かライフスタイルか

定年まではバリバリ働いてバリバリ稼ぎたい。それもありでしょうし、そろそろ自分の時間を持って給料は下がってもゆっくりしたい、それもありでしょう。

20代や30代のシングルと違って、50代の転職は自分だけの問題ではありません。家族を持っていれば、家族にも影響が出てきます。もちろん転職しても変わりなく給料が維持できればいいのですが、実際にはそううまくいかないのが現実です。

わたしの知り合いの50代の女性は、転職で給料がかなり下がったため、昼間は会社員をしていますが、週に3回ほど夜勤のバイトに出ています。そこまでしないと生活が維持できないんだそうです。
 

必要なのは確固たる意志

50歳からの転職にはそれ相当の覚悟が必要です。でもどうしても転職したいという意思があれば道は開けます。

50代はもうおっさんのイメージがありますが、これを読んでいるあなたは自分ではそんなことは思っていないと思います。年上で頑張っている兄さんや姉さんもたくさんいます。50代なんか政治の世界だったらはなたれ小僧です。
これからまだまだ食べていかねばなりません。どうかあなたの転職が上手くいくことを陰ながら応援しています。
これを読んで頂いて、何か一つでもヒントになればうれしいです。
 
 
 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る