転職で成功させるための3つの重要なポイントとは

jou2

今の仕事にやりがいが無い、収入を上げたいなど個人の理由から一世一度の覚悟で転職に挑みますが、これまでの実務経験や免許や資格の有無、年齢などの個人の条件で誰しもが満足できる転職になるとは限りません。

ここでは面接の際に必ず質問される転職理由、転職活動でやっておきたいこと、間違っても転職成功への道のりでこれはやってはいけないNGなことの3つについて見ていきましょう。
 

1.必ず質問される転職理由をどう答えればよいのか

新卒や第2新卒の面接とは異なり転職で再就職へ向けての面接で必ず質問される事に前の会社をなぜ退職したかという転職理由があります。
採用に向けて担当面接官としても重要視しているポイントでありなぜ前の会社を退職してまでうちで働きたいのかの理由を明確にする必要があるのです。

一般的で当たり障りなく無難とも言える回答にはキャリアアップを計りたい、職種や仕事内容が同じ業種であるため実務経験を活かして働きたいなどが挙げられます。
ただ採用面接官の立場から考えるとそのような在り来たりで波風を立たせない転職理由は五万と聞いてきたわけで、もっと掘り下げて具体的な転職理由を求める事になるのです。

例え本音が同僚や後輩、上司との人間関係がうまくいかなかった、労働時間や処遇が良くなかった、毎日同じ作業の繰り返しで飽きてきたという理由が転職理由であっても自然なニュアンスでポジティブな転職理由に置き換えることができるのです。

この分野、工程なら勤続何年に渡り仕事をしてきたので実績をアピールできたり、意思疎通を計り配属されたチームワークで連携して仕事がしたいなどを転職理由として置き換える事が重要なのです。
 

2.再就職へ向けて行う転職準備には何をすればよいのか

転職したいと決めてから再就職できるためには相応の時間と費用がかかるもので早い方でも1ヶ月くらいとなりますので、遅くても2~3ヶ月から半年は見ておいたほうが良いでしょう。

この半年間の行動をいかに準備するかによって転職成功へ向けた再就職できる確立にも影響してきますので幾つかポイントを挙げてみますと、まず転職活動中は無収入となるため予め1ヶ月に必要になる経費やセミナーや合同説明会などの交通費の計画を立てておく事が重要です。

失業保険の給付や再就職手当などを活用し再就職までの収入面を明確にし節度ある転職活動を過ごす事が求められるのです。

また履歴書や職務経歴書の作成でも3ヶ月、半年と時間が経過する事で記載内容にも変化がでてきますので1度のフォーマットで作成した作り置きではなく随時更新し企業のニーズに見合う履歴書、職務経歴書である事が望まれるのです。

また転職活動中のモチベーションを維持するためにも明確でリアルな転職理由を心の中に持ち続ける事で有意義な時間を過ごす事ができるようになるのです。
 

3.転職向けてこれだけは避けたいNGとされる言動とは

転職したいと志してから早い方なら1ヶ月程度で再就職できますが、中には半年、1年経っても転職先が見つからない残念なケースがある事も事実です。

転職においてNGとされる事が実は存在しここに着目し改善することで採用面接官から好印象を抱かせ目の色を変える事ができるようになりますので挙げてみますと、要は企業が求める人材のイメージにいかに近づかせる事ができるかが重要なポイントとなります。

転職に向けてこの人材像を明確にするために自分には何ができるのか、企業は何を求めているのか、どんな仕事をしたいのかの3つの重なる部分が最も重要なポイントとなります。

面接や書類作成における基本的なマナーや身だしなみは必須条件となり1つ欠けてただけでも当然NGとなりますが、曖昧で漠然とした転職理由もNGの部類に入りますので注意しておく事が重要なのです。
 

【まとめ】

転職を成功させるためには面接で必ず質問される転職理由をポジティブな理由に置き換えて表現する事が重要で、漠然としたどこにでもあるような内容の薄い上辺だけの転職理由は避けるようにしましょう。

また1日でも早く再就職できるためにも転職に向けての準備を怠る事なくモチベーションを維持しながら転職を成功させるために活動を行う事こそが転職成功への近道と言えるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る