年代別の転職の理由を見ると

nendaibetsu

人は一生の中で仕事ことで生活の糧を得ていきます。
しかし、働くことの目的はそれだけでなのでしょうか?

働くということは、その人の人格そんなものを磨いていくと同時に、多くの人とのつながりを得ることもできることかもしれません。
その中で、いかに自分の価値を見出すか、それが働く意義だと思います。

人は何十年という人生の中に、いくつもの節目があることも事実です。
入学、卒業、就職、結婚、そして子供を授かる。
その子供達が大きくなり就職をしていく。

人生は繰り返しの連続です。
このような環境の中で生活を支えるためには、働くことによって収入を得ること。
それが大きな根本になっていきます。

しかし、働くことの意義はそれだけでしょうか?
いいえ、そうではありません。

働くことの価値・意義ということは、自分の夢を果たすこと、いわゆる自己実現の場でもあるということなのです。
そういう意味では、仕事をする上で一つの会社に固執するのではなく、色々な経験を積むために転職といったような選択もあります。
以前は転職というと、マイナスのイメージがつきまとっていましたが、現在では決してそうではありません。

転職と言ったことは非常に積極的な活動であり、自分の経験を積んでいくキャリアアップを指しています。
そういった意味では、非常に現代では若い人から年配の方々まで積極的な姿勢として、ある意味評価されることなのかもしれません。
ただ、自分の置かれた立場や環境でも、転職する理由は大きく異なってくるでしょう。

年代だけを取っても、事情は大きく違っています。

・20代の転職

20代は、大学を卒業していれば、社会人になって数年経過したところです。
最近、この年代の人が転職することをよく耳にするようになりました。

その理由を見ると
「自分の描いていたイメージとは全く異なる風土の会社に入ってしまった。」
このようなことから、会社に疑問を感じ転職していく若者が少なくありません。

確かに、理想と現実のギャップは、多かれ少なかれ存在するものです。
もしここで、学生時代に自分が思い浮かべていたことと異なっているのであれば、転職することも仕方ないことかもしれません。

しかし、大事なことは、次の世界で本当に自分の夢を実現できる会社に就けるかということです。

仕事が辛く、逃げるように転職を考えるのならば、一旦、その場に踏みとどまり、しばらく今の会社で経験を積んでいくことも大事でしょう。

・30、40代の転職

この年代になると、転職においても対する考え方は、かなり積極的なのでものとなってくるでしょう。

30代ともなると、会社の中では中堅どころ。
後輩もできて、若い世代に対する指導役にもなります。

この年代の人びとが転職しようと考える根底には、自分の実力を持っと磨いていきたい、あるいは違った世界にチャレンジすることで、より自分のスキルを磨いていきたいと思うところからでしょう。
これが40代に移ってくると、さらにその思いが強くなるともに、よりハイレベルの希望にもつながっていくのです。

「キャリア積んでいきながら、社会への貢献度を高めたい。」

このように一個人としての願望より、もっと高い崇高な目標に向かっていく転職すること。
これが彼らの転職する目的のように思えてなりません。

・50代で転職

50代になってくると、もう数年で定年退職を意識し始めることになってきます。

この年代では、できることならば、今の会社で最後まで勤めあげたいという気持ちになって来るかもしれないのです。
しかし、企業では早期退職を募るところも出てきています。

そうなると、この年代では生活のためという判断で、残るか転職するかということになってきます。
中には、ヘッドハンティングで会社を変わるチャンスも少なからずあるでしょう。

しかし、現実的には次のステージにチャレンジするより、今の仕事を続けていく行く思いが強いのではないでしょうか。

このように年代によっても利用が様々あるのです。

但し、転職を果たしていくために、常に今の仕事の中で、自分の持っている知識や現場経験を積んでいくことが必要なってきます。
自分がどのような業界で、どのような経験を踏んできたのか。

そして、その経験を体系的に整理して棚卸しをしておくことから重要になってきます。
今の会社に入社した頃の自分と比べてどこか成長出来ているのかを、自覚すること必要です。

そのうちにキャリアが積まれてきて、より高い世界で活躍することができるはずです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る