失敗しない転職とは?転職時の転職理由が重要です

転職を行う事は今までの仕事から新しい仕事へチェンジすることになりますが、転職を失敗する人の多くが同じような転職理由で転職をしたためその転職が失敗だったと感じていると言えます。

転職すれば今よりも仕事も生活も上向くというのは転職の理由が大きく関わっていると考える必要があります。

ポジティブな転職とネガティブな転職の違い

転職の理由には大きく分けて2つのケースが考えられ、一つが今よりも高みに行きたい、仕事にもっとやりがいを感じたい、給与を多く貰いたいと言ったポジティブな理由の場合と、今の仕事が嫌だ、給与が安すぎるので辞めたい、仕事自体が面倒でやる気が起きないと言ったネガティブな理由です。

一見どちらも同じように感じる理由ですが、そこには根本的な気持ちの持ち方の違いというものが存在しており、それが転職をする際に大きな違いになることになります。

ポジティブな理由での転職はいわば攻めの転職と言えますので、今よりもさらに上へ上へという上昇志向を持ちながらの転職となります。

しかしネガティブな理由での転職は逃げの転職と言えるものですので、今の現状から逃げ出したいという気持ちで転職を行う事になります。

そうすると転職活動に対するモチベーションにも差が出てきますし、転職先を探す場合にも妥協が生まれるか生まれないかという差も生じてくることになります。

逃げの転職は失敗する確率が高い

転職を行う場合に今の状況から逃げ出したいという気持ちで転職を行うと、それは転職活動にもマイナスとして現れることになります。

現状から逃げたいと考えての転職の場合、転職に対するモチベーションよりも一刻も早く今の仕事を変わりたいと言う気持ちの方が上回ってしまうため、転職先もあまり深く考えず決めてしまう恐れがあります。

これは現状から脱することにはなりますが、次は転職して入った企業に対し不満が生まれてしまうことになりやすく、結果的にまた逃げの転職を繰り返すことになる転職難民という状況に陥りやすくなります。

これが続くと今度は転職先に採用してもらえないという状況を生み出しますので、転職失敗に繋がる最もダメなケースだと言えます。

ネガティブな状態で転職活動をしてもそれは焦りを生みますし、焦りは冷静な判断を狂わせることにもなり、どうやっても転職が上手くいかないということになります。

関連記事:
転職で失敗しないためのコツを教えて下さい。

攻めの転職は成功しやすく長続きする

攻めの転職の場合は逃げの転職とは異なり、非常に高いモチベーションを維持したまま転職活動を行えることになります。

攻めの転職の場合、基本的に先を見据えた転職と言えますし、上昇志向によるポジティブな転職となるため、多少仕事がきつくてもそれが自分のプラスになると受け取ることが出来ますので、逃げの転職のように転職先での不満につながりにくいと言えます。

ポジティブな考えの元転職を行うと言うことは、自分の目指すものがはっきりと見えている証拠ですし、さらに上へという気持ちがあるため逃げに繋がることが無いということも失敗に繋がらない理由となります。

その為転職を行う場合には前向きに転職を行えるかどうかが重要となりますし、前向きな考えを持てない時には焦って転職を行わない方がよいと言えるでしょう。

ただし精神的なストレスなどを抱えていて、仕事に支障が出ている場合にはそれをまずは解消する必要がありますので、転職ではなく休職などを選択して、ストレスを取り除き、少し考える時間を持つ必要もあるでしょう。

精神的にストレスを抱えている場合、人間関係で精神的に不安定になっている場合は転職ではなく仕事を休むことを第一に考えることも必要です。

まとめ

転職はネガティブな状態よりもポジティブな状態のほうが成功しやすいですし、転職した後も仕事が長続きすることになります。

その為面倒だとか仕事が怠いと言った理由での転職は考えなおす必要がありますし、気持ち的に前向きでポジティブになれた時に転職を考えることが、失敗しない転職活動のためには必要不可欠となるでしょう。

そのためには自分の状態を自分自身で把握し、何故転職したいのかを正確に理解しておくことが重要となるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る