在職中の転職活動に見られるメリットとは

忙しい中での転職は“やりがい”を生みます

 意見はいろいろとあり、賛否も分かれるでしょうが、50歳の転職希望者に焦点を当ててみれば、在職中に活動を始めることの方がメリットがあるでしょう。まず、精神的なメリットが考えられます。仕事をしながらの転職は確かに忙しい。しかし、それが“やりがい”を生んだり、大きくすることは十分に考えられるはず。努力をしている実感が湧くのです。

 この実感をやる気へと変換することで、転職することの意義を大きくすることもできるでしょう。働くことから一度離れてしまうと、忙しさからは解放されますが、その分、短期間での転職の意識や、本当に転職したいと思えるような意義を失う可能性が高いと考えられます。

周囲からの見る目の変化に注意したい退職後の転職

 50歳の転職希望者は在職中に活動を始めるべきだというのは、周囲からのあなたを見る目の変化にも、その理由があります。50歳を積極採用する企業は決して多くはないでしょう。となると、転職期間が予想よりも長くなってしまうかもしれません。

 退職していれば、この転職期間はそのまま無職の期間となるわけです。無職の期間が長くなれば、周りはどのような目であなたのことを見るでしょうか。

 「いつまで無職でいるのか」、「いつまで転職活動をしているのか」という目に変化することは、容易に想像できるはず。それがプレッシャーとなれば、全く望んでいない転職へと舵を切らなければならないことも出てくるでしょう。精神的にも苦しくなりますし、あらゆるリスクが出てきてしまう可能性があるのです。

よく言われる“在職中の転職のデメリット”について

・面接日時などの調整が困難になる
・面接等を受けても、入社する意志が弱いと思われるのではないか
・転職活動に集中しづらい

 これらは、在職中に転職活動することのデメリットとして、しばしば挙げられています。しかし、本当にデメリットとなり得るのでしょうか。

 面接日時の調整は有給休暇や半休を積極的に使うことで調整できるでしょうし、転職エージェントなどの利用で相手側にも調整の努力をしてもらうことはできるはず。そもそも、在職中だと入社する意志が弱いとは絶対に思われません。あなたが面接等でどう入社意志を伝えるか、これを工夫すれば、このデメリットは考える必要がないでしょう。

 集中の具合に関してもそうです。むしろ働きながらの方が時間を上手く使おうとするため、集中力は増すと考えられます。



【関連記事】
50歳の転職希望者と転職活動の流れ
50歳の転職希望者と転職活動期間
50歳の転職希望者ならいつ?どうやって?仕事を探す?
体調管理していない人は社会人を名乗れません
休職状態での転職は危険なのか
バレたら全てが水の泡?転職活動を知られないための行動とは

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る