休職状態での転職は危険なのか

人事担当者への印象は?

 休職中ではあるが、このまま現場に復帰することが到底想像できない場合、転職に意識を移すというのは自然なことなのかもしれません。しかし、こうした行動には少なからずリスクがあると思っておいた方がいいでしょう。そのひとつが、人事担当者への印象の良し悪しです。この人事担当者とは、転職先として希望している企業の人事担当者のこと。

 その人の目の前にいる入社希望者が休職中だという事実を知った時、人事担当者はどのような印象を受けるでしょう。不安を抱く、懸念を抱く、採用に後ろ向きになる。当然、こうしたことを考えると思います。少なくともプラスの評価になることはなく、むしろマイナスの評価とする人事担当者が大半なのではないでしょうか。

休職状況を伝える義務はなし

 そもそも、休職状態であることや、どうして休職しているのかといった理由まで、面接の時に人事担当者に伝える義務はありません。今現在、ある会社に勤めていて、仕事も毎日しており、その上で転職活動をしている風にすることに、特に問題はないのです。

 ただ、問題がないからといって、リスクがゼロであるかといったら、それは全くの勘違い。人事担当者はあなたに対して、「今現在はどのようなお仕事を?」であるとか、「退職に向けて動かれているのですか?」であるとか、とにかくいろいろなことを聞いていきます。

 面接で嘘を言うことは御法度ですから、そうしたやり取りの中で休職中であることを悟られる、あるいはカミングアウトしなければならない事態となれば、最初に書いたようにマイナス評価になることは避けられないでしょう。

活動計画を立てるのはあり

 どう考えても、休職状態での転職は危険でありリスクがあると見られます。なので、できれば休職状態を解消してから転職に向けて動き出して欲しいのですが、しかし、転職活動計画を立てたり、自分の今後のキャリアデザインを考えたりすることは、休職中でも可能でしょう。

 もし転職する意志が強いのであれば、ある程度転職活動の計画を立ててから退職をして、応募に踏み切るという動き方がいいのかもしれません。そうすれば休職中の時間も有効活用できますし、且つ、人事担当者に嘘をつくことも避けられるため、堂々と転職活動をし、悪い印象を与えずに済むのではないでしょうか。



【関連記事】
50歳の転職希望者と転職活動の流れ
50歳の転職希望者と転職活動期間
50歳の転職希望者ならいつ?どうやって?仕事を探す?
在職中の転職活動に見られるメリットとは
体調管理していない人は社会人を名乗れません
バレたら全てが水の泡?転職活動を知られないための行動とは

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る