バレたら全てが水の泡?転職活動を知られないための行動とは

転職活動がバレたらどうなる?

 転職活動がもし会社にバレたら…。と、どこか恐ろしいもののように聞こえるかもしれませんが、しかし、それだけ重要なことであることは肝に銘じておくべきなのかもしれません。

 全てが水の泡になるとは言い過ぎなものの、転職の時期が遅れる、狙っていた転職先を逃すなどの弊害が起きる可能性があり、50歳の場合には転職そのものがおじゃんになることも十分に考えられるでしょう。

 辞めることを知った会社側が転職活動の妨害をするかもしれません。そもそも会社を辞めさせないようにするかもしれません。そんな事態を避けたければ、会社にバレないように転職活動を進めていきましょう。

身の回りの整理は退職が決まってから

 転職活動をすると決めた人は、つまり、退職の明確な意志を持っているはずです。その意志が行動で表れてしまうこともあるかもしれませんが、転職先が決まる、あるいは退職が決まるまではできるだけそうした行動は控えておきたいところです。

 例えば身の回りの整理。もう使わないだろうと思っている私物などを家に持ち帰ったり、デスクの周りを整理し出せば、周囲は「どうしたんだ?」と思うに決まっています。

 普段は飲みに行かないような人と飲みに行くなどする行為も、そうした疑問を抱かせる要因となるでしょう。それがやがて、「転職するのではないか」という噂に繋がることは十分に考えられるため、行動には十分に気をつけなければいけないのです。

優先すべきは現職の仕事

 転職活動の基本は、それをプライベートな時間で行うことです。つまり、現職の仕事に何かしらの影響を与えるような活動のやり方は控えなければならないということ。

 優先すべきはあくまでも現職の仕事であり、面接のために会社を休んだり、応募書類の作成や面接対策のために必要な残業を断ったりなどはしてはいけません。転職活動をもし優先してしまえば、これも会社の人に疑問を抱かせることに繋がります。

 バレないためには現職の仕事に全力投球、これを忘れてはいけないのです。

意味深な発言をしないこと

 意味深な発言、これもしばしば、会社にバレてしまう原因となるようです。「何か新しいことがしたい」、「もう一度夢を持ちたい」、「これからどうなるんだろう」、「やりたいことやって生きるのが一番」などといった言葉を急に発すれば、それを聞いている人にとっては意味深な発言となり、勘ぐられてしまうかもしれません。

 仲の良い人といるとついついこうしたことを口走りがちですが、とても危険な行為です。何かを意図しての発言ではなかったとしても、それによって転職活動がバレることは少なくありません。

 常に警戒し、早まった言動はしないこと、それが会社にバレないためのポイントとなるでしょう。



【関連記事】
50歳の転職希望者と転職活動の流れ
50歳の転職希望者と転職活動期間
50歳の転職希望者ならいつ?どうやって?仕事を探す?
在職中の転職活動に見られるメリットとは
体調管理していない人は社会人を名乗れません
休職状態での転職は危険なのか

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る